George House HTTP://WWW.GEORGE-HOUSE.COM
Concept コンセプト LiveSchedule SoccerBar サッカーバー ShopInfo 施設情報 ギャラリー
Live Gallery ライブギャラリー

2008/10/4(土曜日)
■OPEN 18:30 ■LIVE 19:30

Artist
大西 順子(Pf)
井上 陽介(Bs)
原 大介(Ds)

神保 彰 ワンマンオーケストラ


GEORGE HOUSE 5周年記念 LIVE

 89年、ボストン、バークリー音楽院をトップの成績で卒業、NYを中心に活動を開始する。

 90〜91年、帰国後、バークリー時代の仲間と自己のトリオを結成し、国内で活動を開始、レコーディングにも取り組む。

 93年1月、デビューアルバム「ワウ(WOW)」を発表し、大ベストセラーとなる。
 同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。
 同年7月、ビリー・ヒギンズ(ds)、ロドニー・ウィテカー(b)と共に初の海外録音を行い、アルバム「クルージン」を発表。

 94年4月、「クルージン」が米ブルーノートより発売される。
 5月、NYの名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人で初めて自己のグループを率いて出演。1週間の公演を行う。
 9月、ビレッジ・バンガードでのライブ・アルバム「ビレッジ・バンガードの大西順子」を発表。

 95年1月、「ビレッジ・バンガードの大西順子」がスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、3月出光音楽賞受賞。
 4月、スイングジャーナル誌読者投票にて<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の4部門受賞。瞬く間に日本ジャズシーンのトップの座に昇りつめる。

 その後日本のジャズの索引車として、ステージにレコーディングに、放送に、雑誌にと縦横無尽の活躍を果たす。

 近年の本格的な女性ジャズミュージシャンブームの先駆けともなるが、2000年3月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。
 
 そして2007年、多くを語らず活動再開。
かつての力強く、グルーヴ感あふれる演奏に加え、繊細さも兼ね備え、ダイナミズムに満ちたソロピアノを中心に活動する。

満を持して、更にグレードアップした大西順子が、GH5周年に華を添える!
◆GEORGE HOUSE オーナーのコメント◆
GEORGE HOUSE 5周年に相応しい、最高のピアノトリオを堪能することが出来ました。
現在の日本人ピアニストの中でも、男女を問わず、最高の最強のピアニストといっても過言ではないと。

今後の活躍を十分期待していい、というか、目の離せないピアニストであることは、間違いない!

アクセス メールマガジン お問い合わせ

WEB PRODUCED BY GEORGE’S DAUGHTER COPYRIGHT 2008 GEORGE HOUSE INC. ALL RIGHTS RESERVED.