George House HTTP://WWW.GEORGE-HOUSE.COM
Concept コンセプト LiveSchedule SoccerBar サッカーバー ShopInfo 施設情報 ギャラリー
Live Gallery ライブギャラリー

2009/5/9 (日曜日)

■OPEN 18:30

■LIVE 19:30




櫻井哲夫 (bass)
日野"JINO"賢二(bass)
柴田敏弥(key)
JAY STIXX(drum)




CD"DOUBLE TROUBLE"発売記念ライブ

 ベース界に激震!!
 エレクトリックベース界のツー・トップが巧みなアレンジで創り上げるコンテンポラリーな低音ワールド。 TETSUJINOがいよいよ始動!
丁々発止のスラップ・ナンバーから流麗でメロディアスな楽曲まで、濃厚な低音が満載。

 櫻井哲夫は、1957年東京都出身。カシオペア、JIMSAKU等で日本のフュージョン・シーンを牽引し、今や世界を舞台に活躍するベーシスト。
現在は主に、ソロ・アーティストとして活動し、オリジナリティー溢れる楽曲と卓越したベース・プレイで、デニス・チェンバース、グレッグ・ハウとの「GENTLE HEARTS」、ジャバン、 イヴァン・リンス等との「Brasil Connection」など、世界中のトップ・アーティストと様々なコラボレーションを行っている。

  日野 "JINO" 賢二は、17歳でジャコ・パストリアスに師事し、'88年よりN.Y.を拠点にプロ活動を開始。以後、アポロシアターのハウスバンドや、Joeのワールド・ツアーへの参加などで活躍。
'03年、1stアルバム発表を機に活動の拠点を日本に移す。'05年には、セルフ・プロデュースによる2ndアルバム『JINO』を発表。
近年は、自己のバンド「JINOJAM」でのライヴを中心に、作・編曲家/プロデューサーとしても幅広く活躍している。

 今回の公演は、TETSUJINOの始動とともに発表され、アドリブ誌のアドリブ・アワード2008(国内ジャズ・フュージョン部門)を受賞したアルバム『DOUBLE TROUBLE』のリリース・ライヴ。

ベース界の双頭が超絶テクニックで繰り広げるスラップ・バトルは見逃せない!

1/5発売の東京新聞で、TETSUJINOが記事になりました。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

◆GEORGE HOUSE オーナーのコメント◆ 

最高にご機嫌なライブでした!

エレクトリックベースが、TESTUJINOにかかると、こんなにも幅広い楽器だということを、認識。

もう、止まらない止まらないTESTUとJINOのソロの応酬、JINOのラップ、トシとJAYのバック、何から何まで最高。

この場に居合わせた皆さんは、幸せな一夜を送れました!!

アクセス メールマガジン お問い合わせ

WEB PRODUCED BY GEORGE’S DAUGHTER COPYRIGHT 2008 GEORGE HOUSE INC. ALL RIGHTS RESERVED.