George House HTTP://WWW.GEORGE-HOUSE.COM
Concept コンセプト LiveSchedule SoccerBar サッカーバー ShopInfo 施設情報 ギャラリー
Live Gallery ライブギャラリー



2010/9/18(土曜日)


■OPEN 18:30

■LIVE 19:30


2sets with Intermission



MALTA HIit&Run

MALTA(As)
+
布川俊樹(Gt)
平下政志(Key)
ジーン重村(Dr)
早川哲也(Bs)
三木成能(Pf)


ゲスト
中川英二郎(Tb)







 

 2005年5月以来のMALTAは、今回、自己のバンド MALTA HIT & RUNとして登場です。

しかも、スペシャルゲストとして、トローンボーン奏者としては、日本最高峰、ずば抜けた才能の持ち主・中川英二郎が参加します。
 彼は世界屈指のジャズ・トロンボーン奏者たちが集結する「Super Trombone」のレコーディングに参加したり、NHK連続テレビ小説『瞳』のテーマ音楽を演奏したり、大注目を集めている、逸材です。

素晴らしいライブになること、間違いなしです!

お見逃し無く!!



-----------------------------
♪MALTA(SAX)プロフィール♪
-----------------------------
 1973年に東京芸術大学音楽学部器楽科卒業後、バークリー音楽大学に留学。同校で教鞭をとる。77年にボストンからニューヨークに進出。
 デューク・エリントン楽団(マーサー・エリントン指揮)、チャールズ・ミンガス、ジャック・マクダフ等の一流ミュージシャンと共演後、79年に名門ライオネル・ハンプトン楽団に迎えられ、同バンドのリード・アルト兼コンサートマスターに就任。
 83年、デビューアルバム「MALTA」を発表。87年にはアルバム「SPARKLING」で第1回日本ゴールド・ディスク大賞に輝く。88年発売の「HIGH PRESSURE」は、全米発売にもなり、大ヒットアルバムとなる。
 最新作は通算33枚目にして初の吹奏楽共演アルバム「BRASS / MALTA With Siena Wind Orchestra」2008年発売。
 2008年、大阪芸術大学の教授に着任し、音楽理論・アンサンブル等の教鞭をとり、後輩の育成、プロ・アマ問わない音楽発展に尽力するなど精力的な幅広い活動を繰り広げ、そのサックス・プレイには観衆のみならず、一緒に演奏した人たちの心に多くの夢と感動を与え続けている。


--------------------------------------
♪ 中川英二郎(トロンボーン)プロフィール♪
-------------------------------- -----
 1975年東京生まれ。祖父がヴァイオリン奏者でNHK交響楽団の前身、新交響楽団に在団。父はトランペット奏者の中川喜弘。伯父はクラリネット奏者の中川武、トロンボーン奏者の中川敦嗣。
 12歳の時、初の渡米を経験し、ワイルド・ビル・デビソン(Tp)と共演。増田力也の「ダウン・アンダーズ」でレコードデビュー。
 15歳で東京芸大附属高校に入学、学業並びにライブ活動はもちろん、スタジオの仕事に着手。この年、故)松本英彦(Ts)とサマー・ジャズ・フェスティバルで競演。16歳でバークリー音楽大学夏期セミナーに特別招待される。
 同年、初リーダー作「中川英二郎&FUNK’55」をニューヨークで録音。96年より東京佼正ウィンドオーケストラのゲスト・プレイヤーとしてCD録音に参加する他、数多くのウィンドオーケストラのソロ・プレイヤーとしてステージに立つ。
 2001年拠点をニューヨークに移し、世界を視野に入れた活動を開始。
 2002年アメリカのトップ・プレイヤー、ジム・ピューとトロンボーン・デュオ「E’nJ」(イーエンジェー)を結成。ファースト・ライブをブルーノートNYで行い、翌年にはCD「LEGEND AND LION」でアメリカデビュー。これまで同ユニットで3枚のCDをリリース。
 03年にバンド「Beat Detectives」、04年にカルテット「Slide Style」をそれぞれ結成。05年国際ジャズ教育者協会大会、国際トロンボーンフェスティバルにおいて演奏を披露。
 06年金管八重奏団「侍Brass」を結成、東京オペラシティ コンサートホールで華々しいデビューを飾り、これまで3枚のCDをリリース。07年日本人として初めて、“トニー賞2007”にステージバンドメンバーとして出演。また世界屈指のジャズ・トロンボーン奏者たちが集結する「Super Trombone」のレコーディングに参加。
 同年リーダー第4作「E」を発表し、小曽根真とのデュオで全国6都市のコンサートを実施。
 08年NHK連続テレビ小説『瞳』のテーマ音楽を演奏し、注目を集める。


-------------------------------------------------------------------

公式HP

Reserve
 

◆GEORGE HOUSE オーナーのコメント◆ 
素晴らしいステージで、皆様大満足!
また、天才少年(?)中川英二郎氏の
 「トローンボーンって、そんな楽器だったの」
と思わせたスーパープレーには、ただただ、唖然とするばかりでした。
最高のパフォーマンスを楽しませていただきました。
感謝!!

   
アクセス メールマガジン お問い合わせ

WEB PRODUCED BY GEORGE’S DAUGHTER COPYRIGHT 2008 GEORGE HOUSE INC. ALL RIGHTS RESERVED.